MANABU SHIMAKURA

島倉 学 OFFICIAL WEBSITE

English Enter
島倉 学 - Manabu Shimakura, Vocalist





Profile

クロスオーバー歌手、声楽家(Baritone)、俳優(舞台・ミュージカル)

国立音楽大学 音楽学部 声楽学科卒業。富山県富山市出身。
高校1年生から、ヴォイス・トレーニングとピアノを習い始める。
音大在学中に、オペラ「フィガロの結婚」アルマヴィーヴァ伯爵役でデビューし、高い評価を得る。
同年に、ラジオ放送にて、オリジナル製作ドラマの声優アフレコに出演。
卒業後、劇団四季に入団。演技法を羽鳥三実広氏から学ぶ。
その後、TV ・映画 ・CM等に多数出演し、現在もフリーで歌手、俳優としてますます意欲的な活動を行なっている。 より自己表現の幅を広げるため、自らも〈スタニスラフスキー・システム〉から〈リー・ストラスバーグ・システム〉 のメソッドによる演技法を深く追求し、歌の表現を磨く。
「クロスオーバー歌手」として、童謡・唱歌、ポップス、戦隊ソング(アニソン)、演歌、洋楽、ROCK、ミュージカル、 オペラとそれぞれのジャンルに添った歌唱法で、様々な歌を表現し続けている。

声楽を浅岡節夫・光代、野中匡雄、イタリア・オペラを小林一男の各氏に師事。ピアノを黒田素子、草野明子の各氏に師事。

第13回 富山県青少年音楽コンクール声楽部門優秀賞受賞。

<主なレパートリー>
クラシックでは、カンツォーネやイタリア声楽曲、オペラ「フィガロの結婚」 ”Hai giá vinta la causa!”  (モーツァルト)やオペラ「 清教徒 」 ”Ah,Per sempre io ti perdei ...”(ベッリーニ)などのイタリア・オペラのアリアを得意とする。
また、洋楽・ポップスでは、アメリカン・スタンダードナンバーをはじめ、エルトン・ジョンや尾崎豊など数多く歌っている。ミュージカルでは、「レ・ミゼラブル」 ”Stars ”、また自らが叱咤激励と愛している歌 「ラ・マンチャの男」 ”見果てぬ夢 ”などがある。
アンコールでは、自らの人生を大きく切り開くきっかけとなった、敬愛する本田美奈子の名曲である「つばさ」を歌い、 聴衆からも定評を得ている。(敬称略)


ヴォイス・トレーナー / 客 員 講 師

ヴォイス・トレーナーとして 、プロの歌手やミュージカル俳優の歌唱指導など数多く担当。
音楽専門学校の客員講師を経て、現在は広瀬香美音楽学校の客員講師を務める。

発声矯正、アナウンサー発声 ・ 滑舌指導、ポップス、演歌、洋楽、ROCK、クラシック(声楽・オペラ・カンツォーネ)、 ミュージカル(地声〜声楽)、声優、演技指導(開口発声〜スタニスラフスキー・システム)等、オールジャンルで行っている。


「島倉 学ミュージックスクール」代 表

ヴォーカル / 声楽 / ソルフェージュ / 話し方 担当

2012年、ミュージックスクールを設立。
現在、代表及び講師を務める。
初心者、趣味の方、アーティスト志望者、音楽高校・音楽大学受験志望者を対象にレッスンを行っている。
生徒の中に、ミュージカルや舞台の役者志望、V系・ロックなどプロを目指してバンド活動を盛んに行っている教え子が多く、高校生・大学生に対してのプロ育成に意欲を注いでいる。
これまでに、劇団四季へ生徒を輩出するなど、様々なオーディションにおいて、生徒を上位に進出させ、ロックバンド『RADWIMPS』等を排出したオーディションYHMFでは、弟子が賞を受賞するなどの実績を残している。


主な出演作品

2004年 : 及川光博主演ドラマ「ミステリー民俗学者 八雲樹」

2005年 : 5月7日公開 映画「交渉人 真下正義」

2006年 : 名取裕子主演ドラマ「クラブママ 立花小夜子
        シリーズ」ホスト役。






▲ ページTOPへ
Copyright © Shimakura Music Office All Rights Reserved.